中国古典の「抱朴子」と「神農本草経」を翻訳編集した仙薬と漢方薬草のオリジナルデータベース。(by八千草堂

仙薬と漢方薬草のデータベース

抱朴子曰く、神農四経に曰く、
上薬は人をして身安く命延び、昇りて天神となり、
上下に遨遊し、万霊を使役し、体に羽毛を生じ
行厨をたちどころに至らしむと
サイト内検索 AND OR ※和名はカタカナ入力
抱朴子
【ホウボクシ】
中国古典「抱朴子」 内篇 巻之十一『仙葯』を 翻訳編集しました。
 天下の奇書といわれる本書は、4世紀に錬金術師でもある道士葛洪によって書かれ、 道教の教えと、仙人になるための方法・心得を説いたものです。特に『仙葯』の項はいわゆる実用書ではなく、奇想天外で伝奇的色彩が濃く、古代より現在まで様々な解釈が加えられていますが、ここでは原典原文にできるかぎり忠実に翻訳し、まとめました。

神農本草経
【シンノウホンゾウキョウ】
「神農本草経」は、5世紀、中国皇帝の命によって陶弘景らが編集、世界最古の薬草集大成といわれています。
 原典の原文を直接に翻訳編集したので、現代にはそぐわない表現もありますが、資料的な意味を優先し、漢方薬草計360種を、記載されている順番どおりに全て記載しました。

INDEX
INDEX
 仙薬ランキング

原典の中でランキングされているので、順番どおりに掲載しました。仙薬の説明のほかに、様々な物語も紹介。かなりオカルティックな内容も含まれています。

1 丹砂 【硫化水銀。古代では最高の仙薬とされていた】
2 黄金 【黄金を作る方法、黄金を飲む方法、錬金術についての記述が興味ぶかい】
3 白銀
4 霊芝類 【石芝・木芝・草芝・肉芝・菌芝の五種類】
5 五玉 【五玉とは蒼玉・赤玉・黄玉・白玉・玄玉のこと】
6 雲母 【ウンモ】
7 明珠
8 雄黄 【ユウオウ:赤色硫化砒素の鉱物。鶏冠石】
9 太乙禹餘粮 【タイイツウヨリョウ】
10 石中黄子
11 石桂
12 石英
13 石脳
14 石硫黄
15 石紿
16 曾青 【ソウセイ:銅の一種】
17 松柏脂 【松ヤニにまつわる不思議な話】
18 茯苓 【ブクリョウ:サルノコシカケ科】
19 地黄 【ジオウ:ゴマノハグサ科】
20 麥門冬木 【バクモントウボク】

番外そのほかの仙薬
真珠・桂・巨勝・桃膠・槐子・五味子・
天門 ・菖蒲・朮・菊花・遠志


 丹金の巻
九鼎丹・太清丹・九光丹五霊丹・立成丹・金液
(丹砂と金を合成したのが丹薬。丹薬は仙薬の最高峰とされています。まさか有害物質である水銀や砒素を飲む人はいないでしょうけど・・・くれぐれもご注意を!)

 仙薬問答
仙薬に関する問答二題


※「薬」は原書では「葯」と表記されています。
神農本草経上品上品【ジョウホン】計142種

上薬とも言う。「君であり,生命を養うを主とする。天に応じ,無毒,多量に長く服用しても人を傷わない。身を軽くし,体力を益す,不老長生の薬。」とあり,現在の保健薬、健康食品に相当すると考えられる。

鉱物(18)草(73)木(20)人(1)獣(6)鳥(2)虫魚(10)果(5)穀(2)菜(5)



神農本草経中品中品【チュウホン】計114種

中薬とも言う。「臣であり,性を養うを主とし,人に応じて無毒と有毒とがあり,適宜配合し,病を防ぎ,体力を補う。」とあり,現在で言う強壮薬・予防薬に相当すると考えられる。

鉱物(14)草(48)木(17)獣(7)鳥(2)虫魚(17)果(1)穀(4)菜(4)



神農本草経下品下品【ゲホン】計104種

下薬とも言う。「佐使であり,病を治すを主とし,毒性も強いので,長期の連用は慎むべし。」とあり,現在のいわゆる治療薬に相当するものと考えられる。 

鉱物(10)草(49)木(19)獣(4)虫魚(18)穀(1)菜(3)
(要注意!) 掲載した漢方薬の中には、強い毒性のある危険な食物も含まれています。ご注意ください。
編集後記・参考文献

編集後記・参考文献


管理者へのメール | サイトについて | サイトマップ | リンク 

八千草堂の鹿角霊芝:国産無農薬の極上品




Yachigusa:All Rights Reserved
No reproduction or republication without written permission.
許可無ク転載ヲ禁ズ