更年期障害について

更年期は、女性の生涯のうち、年をとると卵巣機能が低下していきますので、女性ホルモンの分泌が減っていきます。
女性の閉経は50歳前後になりますので、人によっても違いが出てきますが、だいたい45歳~55歳くらいまでの約10年間になります。この更年期になるとホルモンのバランスが崩れますので、いろいろな体に対する不調が出るようになってきます。これが更年期障害といわれるものです。
人によって個人差が大きく、自覚症状がほとんどない人もいれば、生活に支障がおよぶくらい重い人もいます。
漢方では、気・血・水から不調を探っていきます。
頭痛や肩こりは血の流れが滞る「お血」、めまい、気力や集中力の低下、睡眠障害、耳鳴りなどは血が不足する「血虚」、のぼせやほてり、頭痛、動悸などは気の流れに異常が生じる「気逆」と捉え、これらを改善する漢方薬が処方されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です