バナナ

バナナは、昔から栄養素がとても高い食品として扱われております。
近年では、1年中、スーパーなどで見かける事ができ、とてもありがたい食べ物です。
バナナには、カリウムが含まれており、体内にある余分な水分を排出する機能があります。
バナナを食べると、顔や足のむくみを予防することができます。
また、食物繊維も多く含まれており、腸内の環境を整える効果があります。野菜が不足していると感じられる方は、バナナを食べることで食物繊維不足を解消することができます。
バナナには、レジスタントスターチという腸内環境を整える効果を持った栄養素が含まれています。レジスタントスターチは消化されにくいという特徴を持っており、大腸まで届くと、大腸内の善玉菌により酢酸、酪酸、プロピオン酸など、腸内を弱酸性に保ちやすい成分に変化します。
これにより悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整えてくれるのです。
あと、ペクチンという栄養素も含まれています。ペクチンは食物繊維の一種で、コレステロール値を下げる効果を持った栄養素です。このほかにも、血糖値の上昇抑制、疲労回復などの効果があり、太りやすい体質の改善にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です